まるこの探しもの 

転勤族の妻です。アラフィフ、これからを模索中。

図書館サービス特論

まぁです。

いつもありがとうございます。

 

         f:id:fp-maruko:20211011133059j:plain


「今度こそ!」と4度送った「図書館サービス特論」の

レポートが受からないのです。

 

 

またしても「再提出」。

 

私にボケたところもありますが、最初のころから

さんざん書いてきたことを今さら講評で否定されても

困ってしまうかなぁ。

 

心機一転、隣市の図書館で改めて書いてみようと思います。

 

「一部再提出」とあるので全部変えるのは微妙かもしれませんが

私としては仕切り直したいなと。

 

 

実は9月で在籍期間が終わっています。

更新が必要かと問い合わせましたがそれに関しては

しなくて良いそうです。

ありがたい。

 

もう心が折れた感じではありますが

ここで放り投げるわけにはいきません。

 

あまり慌てず慎重にいきたいところです。

 

がんばります。

 

お読みいただきましてありがとうございました(^-^)

 

 

 

 

 

 


図書館サービス概論 (ベーシック司書講座・図書館の基礎と展望)
 

 

 

 

 

「水たまりで息をする」 感想

まぁです。

いつもありがとうございます。

 

めずらしく本を読みました。

 

www.bungei.shueisha.co.jp

 

高瀬隼子(たかせじゅんこ)さんの本は初めて読みました。

7月ごろ第165回芥川賞にノミネートされていたみたいです。

 

残念ながら受賞には至りませんでした。

 

 

 

「夫が風呂に入っていない。」という1文から始まります。

水道水のカルキ臭が嫌だから。

 

自分がその妻ならどうするだろうか。

支えるのか、

支えられるのか。

 

ちょっと私には重い印象でした。

 

他者との距離感も大きく感じました。

現代社会、こんなもんかなとも思いつつ。

 

良かったんですが、暗かった。どんよりしていました。

 

おもしろかったと思います。

おすすめです。

 

 

f:id:fp-maruko:20211003130721j:plain

写真は最近道に迷ってたどり着いた東松島の海。

この辺は基本的に海は高いコンクリートの壁で覆われています。

階段を上らないと海が見えません。

 

 

以上になります。

お読みいただきましてありがとうございました(^-^)

 

 

 

 

 


水たまりで息をする (集英社文芸単行本)
 

 

 

 

 

 

 

眠れないとき

今週のお題「眠れないときにすること」

まぁです。

いつもありがとうございます。

 

 

今週のお題「眠れないときにすること」なんですが

年齢や自分の体のことを鑑みて、

無理やり寝ています。

 

若いころはTV大好きだったのでそういう時は

TV見てました。

今のようにスマホはないし。

 

 

「無理やり寝る」

寝た気がしなくても横になっていると思いのほか

眠っているっぽいなぁ、私 と気づいたのは

いつごろだったでしょう。

うさこの足ダンに気づかないこと、

そこそこな地震に気づかないことなどがありました(^-^;

 

 

睡眠は大切です。

昔、ものすごい交通事故にあったときは

意識が戻ってからも多くの時間、眠っていました。

 

回復に重要なのです。

 

 

ちなみにうさこは夕食後によく寝ています。

最近ようやく「あくび」写真が撮れました。

   f:id:fp-maruko:20210930132844j:plain

あくび、かわいいのです。

そしてあくび写真はオフレコ?アテレコ?的にも楽しい。

「おはよー」 でも

「おやすみー」でも

結構何でも合わせられます。

…まぁ技術、知識があればいろいろ遊べるのかな、と。

 

めざせLineスタンプ!

出来たらいいなぁ(´▽`)

 

 

 

 

ちなみにこちらはあくびを撮ろうとして

にらみ合いになった様子。

   f:id:fp-maruko:20210930134041j:plain

ドアップ。

 

 

話がそれましたが以上になります。

お読みいただきましてありがとうございました(^-^)

 

 

 


グリーティングライフ 2022年 カレンダー 卓上 アニマルダイカットカレンダー うさぎ C-1368-ET
 

 

 

 

 

 

最後の科目、試験合格しました(´▽`)

まぁです。

いつもありがとうございます。

 

司書の勉強をしています。

www.maruko-blog.info

 

めでたく8月末に受けた「図書館サービス特論」の試験が

合格しました。

これで試験はすべて終了です。

 

やったー!!!

うれしいんですがこの「図書館サービス特論」

レポートがなかなか通りづらいという噂の科目。

 

なるほど通らない(T_T)

この前の「児童サービス論」より通らない。

 

www.maruko-blog.info

 

 

渾身の再提出3回目が再提出で戻ってきたときは

心が折れそうでした。

 

今度こそは!の4度目を提出したのが18日なので

レポートについてはいまだ「添削中」。

 

9月中にすべてキレイに修了の予定だったのにー!!!

 

 

と、イラついたところでこのあとすぐ図書館の仕事が待っている

というわけではないので、とりあえず4回目の再提出が合格であることを

祈っています。

 

 

 

 

 

そしてぼちぼち帽子を作っています。

 

   f:id:fp-maruko:20210924170622j:plain

 

これは実は作り方が読んでもよくわからなくて

無理やり形にしました(^.^)

 

「作り方」とかスルスルわかる人になりたいですね。

 

格安で売るか自分で被るか迷うところです。

 

 

「難しい」を乗りられるようにこちらも

コツコツがんばっていきたいです。

 

 

お読みいただきましてありがとうございました(^-^)

 

 

 

 


クライ・ムキのうふふな帽子〈2〉帽子の基礎BOOK
 

 

 

 

 

 

 

 

柳津虚空蔵尊(やないづこくうぞうそん)にまた行きました。

まぁです。

いつもありがとうございます。

 

2月に書いた柳津虚空蔵尊へいってきました。

 

kokuzouson.or.jp

 

www.maruko-blog.info

 

「丑年・寅年の一生の守り本尊」と知ったらもっと

ちょいちょい行きたいところなんですが今回は

3回目になります。

 

f:id:fp-maruko:20210920163452j:plain

「知恵と福徳」の仏様で知恵のほしい者、人々から愛されたい者、

名声を上げたい者は虚空蔵菩薩の真言を唱えればかなえられる

とされています。

 

 

 

お参りをして9月限定の御朱印をいただき、

今日の目的としてはお寺cafe夢想庵。

 

お昼ご飯に 厄除けそばをいただきました。

 

f:id:fp-maruko:20210920164041j:plain

 

   f:id:fp-maruko:20210920164221j:plain

写真2枚目の方がお寺cafeの素敵感が出てると思います。

 

とてもおいしかったです。

 

 

9月限定御朱印。

f:id:fp-maruko:20210920164948j:plain

梵字が入っている御朱印は割と好きです。

さらに今回は音符♪が

 

次からの自分の課題として、それほど忙しそうでなかったら

何となくでも意味を聞くべきですね。

今さらで恥ずかしい。

 

いい天気で

近場で

気晴らししてきました。

 

10月は秋まつりがあるみたいです。

またいくかもしれません。

 

 

お読みいただきましてありがとうございました(^-^)

 

 

 

 

 


武藤純一 十二支御守本尊『虚空蔵菩薩』寅・丑年生まれ 複製画色紙
 

 

 

 

 

 

映画 魔女がいっぱい

まぁです。

いつもありがとうございます。

 

 

録画してあった映画を観ました。

wwws.warnerbros.co.jp

「魔女がいっぱい」は「チャーリーとチョコレート工場」で

知られる児童文学作家ロアルト・ダールの「魔女がいっぱい」を

原作に、映画「プラダを着た悪魔」や「レ・ミゼラブル」で知られる

アン・ハサウェイが世界一恐ろしいと言われる大魔女を演じた映画です。

 

ドタバタコメディというんでしょうか。

 

魔女は普通に人間世界に潜み生活しています。

そして魔女は人間の子どもが大嫌い。

ある計画を目論みます。

それを偶然知ってしまった少年は!?

 

アン・ハサウェイが好きです。この映画では怖いながらも美しく

あまり見ない雰囲気でその辺を楽しみました。

 

話の展開がちょっと意外だったというか、

「えっ? これはそのままなの!?」という感じがありました。

 

その部分がおもしろいのかといわれると

うーん・・・(^-^;

 

軽く楽しめるファンタジーといったところでしょうか。

 

機会がありましたらどうぞ。

 

お読みいただきましてありがとうございました(^-^)

 

 

 

 

 


魔女がいっぱい (ロアルド・ダールコレクション 13)
 

 

 

ハローワークのカウンセリング

まぁです。

いつもありがとうございます。

 

 

司書の勉強はもう結果待ちですることがありません。

 

www.maruko-blog.info

 

 

良さそうなところがあったら働くのもありなのか?

 

心療内科の先生が妙に働くことを進めてきます。

 

 

ハローワークへ行ってみました。

 

ちなみにせっかく司書の勉強をしたし出来ることなら図書館で

働きたいところですが、原住地で図書館の仕事は市の職員さんの管轄で、

残念ながら叶いそうにはありません。

 

割と田舎です。ましてコロナ渦、良さそうな求人は

そう簡単には見つかりません。

 

ふと、茨城県のハローワークでカウンセリングを受けていたのを

思い出しました。

 

恐る恐る聞いてみるとカウンセリング担当職員が居る模様。

 

翌週に予約を入れてみました。

 

 

 

当日行ってみると若すぎないくらいの女性の職員さんに呼ばれました。

 

特に専門の場所はなく普通の窓口に案内されます。

 

状況をいろいろ聞かれて話すと、

 

「図書館の仕事は難しいけど、とはいえそれが

希望なら資格がはっきりしてから求人をみたらどうですか。」

 

ということでした。

 

あまり問題解決になっていないかなぁと思いました。

 

 

しかし今の私には人と話す機会がほぼないからか

 

不思議とすっきりしました。

 

 

今すぐ無理に働かなくてもいいよね。

 

 

   f:id:fp-maruko:20210910162954j:plain

 

 

 

帽子作ろう。

委託販売してもらえるところを見つけたし。

 

この前から屋号を考えています。

 

 

お読みいただきましてありがとうございました(^-^)

 

 

 

 

 


うさぎ島の晩秋